シャンプーのすすぎ不足

シャンプーですすぎ不足になりやすい理由は?

シャンプーでのすすぎ不足

シャンプーでのすすぎ不足は薄毛など抜け毛が増えやすい原因につながりやすいといわれています。
それはどんなに良質なシャンプーを使用していてもすすぎが不足している場合には、洗浄成分などが頭皮に残ってしまいます。

 

 

泡がなくなってもシャンプーの成分は残りやすい

泡がなくなったとしても成分が残ってしまうということはやはり次のシャンプーまで頭皮に残ってしまうので、しっかり泡がなくなってもすすぎをもう少ししていくとよいでしょう。
一般的にすすぎ不足になりやすいのは、洗浄力が強いタイプになると多くなりがちです。泡だちが良く泡切れもよいためすすぎ不足につながりにくいと感じることも多いのが高級アルコール系のシャンプーです。
毛髪のパサつきや乾燥に良いのは弱酸性シャンプーと言われていますが同じ弱酸性でも違いは明白なのでしっかり成分を見極めましょう。

 

 

 

 

泡切れが良いとすすぎ不足を招くの?

シャンプー中の注意点

泡切れも良いから当然すすぐのも少なくなってしまいがちです。
しかし高級アルコール系は泡がなくなっても残留性が高いので、成分が頭皮とかに残りやすく、刺激度も高いのが特徴です。
泡切れが良いのはシャンプーの洗浄成分として使われている高級アルコール系以外にも台所用洗剤などより油汚れを落とすために使われている石油系界面活性剤などは、より落ちやすいといえるでしょう。
キュッキュとしやすい面シャンプーに置き換えてみるとわかりやすいですが、高級アルコール系シャンプーは、やはり頭皮がシャンプー後に乾燥してしまいがちです。





シャンプーですすぎ不足に繋がらないのはアミノ酸系シャンプー

シャンプーの泡切れの悪さとすすぎ不足

シャンプーで逆にすすぎ不足につながりにくいのはアミノ酸系シャンプーです。
洗浄力が温和なぶん、ヌルヌルするのが長いため、すすいでもすすいでも切れが悪いのです。使用感としては非常によくないですが、すすぎ不足につながりにくいでしょう。
一長一短があるという面を考えて高級アルコール系は泡切れが良いけれど残留性が高いので、よくすすぐというのを泡で洗う以上に必要になってきます。



ヌルヌル感がシャンプーのすすぎ不足感を解消?

一方のアミノ酸は洗浄成分は優しいけど、すすぐさいにいつまでもヌルヌルしたり終わりが見えないのが特徴です。
白髪染めを使用する前と後で使用することで色持ちを長く持たせることも可能ですし、またカラーとかで傷んだ髪を修復させることは難しくとも痛みを軽減するのにも良いので、毛髪のパサツキが気になる場合にも良いです。
ただ、どちらもよくすすぐというのが大事になってきます。
明日の髪を良好に保つように今日からすすぎ不足を解消していきましょう。
シャンプーってどっかの学校で習う場合には、美容師さんとか色々ありますが、決してシャンプーに特化して学べるわけではないので、シャンプーの勉強をして思った日記みたいに独学がやっぱり良さそうです。

男磨きには色々ボディケアやヘアケア以外に服装とか色々大事ですが、普段から使用するシャンプーの度合いが結構高い様に思えます。抜け毛や育毛などシャンプー周りの情報が多いように感じます。
毛髪のパサつきや乾燥に良いのは弱酸性シャンプー?
髪の毛髪でもパサパサ乾燥してしまった場合に良いシャンプーは?
石鹸シャンプーの主な使い方やメリット
石鹸を使用したシャンプーの良さなどはどこ?
気になるシャンプーの市場や市販など
シャンプーの市場ってどうなの?
育毛用では炭シャンプーが毛穴スッキリ感がある?
炭を使用したシャンプーの特徴は?
育毛剤を使っている場合には頭皮に優しいシャンプーを使う!
育毛剤を使用している場合には?頭皮に良いシャンプーを使用すると良い?
サイトマップ
当サイトのサイトマップです。